電池

リチウム電池とリチウムイオン電池

リチウム電池とリチウムイオン電池の違いなんですが、リチウム電池は負極に金属リチウムを使うんですが、リチウムイオン電池はリチウムイオンを含む化合物が使われているところです。

このため、リチウム電池は1次電池、つまり使い捨ての電池でリチウムイオン電池は2次電池、けっこう長く使える電池ということも言えます。

ちなみにかなり危険なんですが、リチウム電池を充電すると、電池内で針状の金属リチウムが析出して、内部でショートします。
リチウム電池に限らず使い捨て電池を充電するとほんと危険ですのでくれぐれもやってみよう、とか思わないように。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。